事業承継する人材がいないならM&Aに依頼するべき

  1. ホーム
  2. 事業を引き継ぐ

事業を引き継ぐ

女の人

後継者探し

自分の会社を後継者に承継しようと考えた際に、考えられる方法は主に3つあります。一つは親族への承継、もう一つは親族以外の従業員などへの承継、最後にM&Aです。これらの事業承継方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。親族へ事業承継できれば、手続きは非常に簡潔です。株主の意見もまとまりやすい場合が多いですし、従業員の理解も得られやすいです。ただ選択肢がかなり限られますので、次の経営者に適した人物が見つからない場合があります。従業員への事業継承の場合、お互いが事業の内容や人間性などを良く理解しているため、次の経営者に適した人物を選びやすいというメリットがあります。ただ株式等を取得する資金力がなかったり、融資の連帯保証や担保の負担を負うことができず、実質的に事業承継がうまくいかない場合が多いです。その点M&Aであれば事業承継先は自社より大きい企業である場合がほとんどであり、経営面は心配する必要がありません。また株式の取得等の資金面は事前に調整されるため、こちらも問題がありません。そのためM&Aは、はっきりと質の高い事業承継を行うことができ、非常にメリットの大きい方法です。M&Aを行うためには、事前準備が欠かせません。特に株主には直接的に利害が及ぶため、事前に綿密な調整と理解を得る必要があります。M&Aのメリットをしっかりと伝えることで、スムーズな事業承継を行うことができます。またM&Aに必要な資金の目安を把握しておく必要があります。わかりやすいのはその企業の時価純資産に営業利益数年分程度を加えた金額です。必要以上に高い費用がかからないよう注意しなければなりません。もう一点、社外の専門家のアドバイスを受けることも重要です。後から想定していない契約や費用が発生しないようにすること、また第三者の視点からの意見を述べてもらうことはとても大切です。