事業承継する人材がいないならM&Aに依頼するべき

  1. ホーム
  2. 企業の後継者問題を解決

企業の後継者問題を解決

男性と女性

ハッピーリタイアを実現

M&Aとは、企業の合併・買収・事業譲渡等によって、新たな経営環境を構築することをいいます。新聞紙上などにおいては上場企業間における大型案件がよく話題に上りますが、近年は中小企業においてもM&Aが活発化しています。M&Aの主たる目的は、迅速かつ効率的に経営戦略を実行に移すことにあります。たとえばある企業が新規事業を興したい時、自前で事業部門を立ち上げ、人材を確保し、時間をかけて育成を図るよりも、すでに実績のある企業やその一部門を買収した方がスピーディーに目的を達成することができます。一方、買収される側にも、現金収入が得られる、資本の注入によって経営基盤が強化されるなどのメリットがもたらされます。さらに近年は、事業承継問題を解決する手段としても活用されています。オーナー社長が大半を占める中小企業の場合、引退後の事業承継は最大の経営課題となります。従来は親族に後を継がせるのが一般的でしたが、常に適格者が身近にいるとは限らないため、現在ではその弊害も多く指摘されるようになっています。また、従業員に継がせる場合でも同様の問題が生じますし、譲受に必要な資金を用意できるかどうかの不安もあります。しかし、M&Aによって事業承継を行うのであれば、承継先の選択肢は格段に広がります。適当な企業に譲渡すれば、事業を存続し、従業員の雇用が確保されるばかりでなく、さらなる発展を期待することもできます。さらに、条件が折り合えば事業承継後に役員として引き続き経営に関わることも可能です。