事業承継する人材がいないならM&Aに依頼するべき

  1. ホーム
  2. 後継者問題を解決する方法

後継者問題を解決する方法

握手

売却はタイミングが大事

中小企業で大きな問題となっているのが後継者問題です。親の事業を注ぐ子どもが減っており、のために事業承継M&Aを利用するオーナーが増えているのです。後継者がいなくて廃業を考える人もいますが、その前に専門家に相談する必要があります。廃業するとそれまで培った技術や従業員の働く場所がなくなるので、オーナーの一存で会社を潰すのは無責任になります。事業承継で行われるのが売却です。売却する場合に頼りになるのが仲介役のM&A会社です。色々な事業承継の方法がありますが、最もスムーズに行えるのが株式譲渡です。株式を承継先の企業に全て売却することで、引き継ぐことができるのです。M&A会社には事業拡大のために買収希望の会社情報がたくさん登録してあります。その中から適当な企業を選んでマッチングするのがM&A会社の仕事です。事業承継で大事なのはタイミングです。売る方と買う方のタイミングが一致しないとスムーズに会社を引き継げないのです。M&A会社のマッチングによって買収希望の会社が見つかった場合、株式譲渡の価格や従業員の待遇などについて交渉を始めます。双方が折り合えば契約を結んで、売却を進めることになります。オーナーはそれまでに従業員に説明をして了解を得ておく必要があります。また売却先の会社の就業規則や服務規程などを従業員に説明して、納得してもらう必要があります。もしも負債がある場合は、売却前に解消しておくなど対策を講じておきます。このようにして株式譲渡による売却が完了すると、会社を手放したオーナーには譲渡した株式の金額が入ることになります。